看護師の仕事における主体性

看護師は、医療現場で医療行為を自分の判断では行える権限を持っていません。注射や採血などの医療行為を行うためには、医師の指示に従わなければならないのが特徴です。
そのため、仕事の中心が医師のサポートになる現場も多く、基本的には医師の手足として働くものだという印象を受けてしまう人もいるようです。それが良しとされていた時代もありましたが、チーム医療が重視されるようになってからは、看護師の立場が向上していることを意識しなければなりません。ただ医師の支持に従って働くだけでなく、職能を生かして主体的に医療に参画することが求められるようになっているのが現状です。
その期待に応えられるようになって、初めて医療現場で重宝される一人前の看護師として認められます。看護師にできて他の医療スタッフにできないのは、身近な立場から患者とのコミュニケーションを取ることです。
また、多様な職能を持っている医療スタッフの橋渡し役としても機能しているのが看護師の特徴であり、患者とも医療スタッフとも積極的にコミュニケーションを取るというのが重要になります。それによって、患者の容態や要望を適切に医療スタッフに伝えたり、医療スタッフでの連携をしやすくしたりするのが看護師の職能を生かした仕事です。基本的にはサポートという側面が強いのが特徴ですが、その姿勢を持ちつつ、主体的に現場のコミュニケーションの円滑化を図ることができると、医療のレベルも向上していくことでしょう。