患者の目的に応じて働く

医療現場で働くときには、患者に対して満足を与えられるサービスを提供することが必要です。
看護師は、特に患者から最も距離が近い医療スタッフとして仕事をすることになるため、患者が何を目的にして医療現場を訪れているのかをよく理解しておかければなりません。患者の最終目的は、心身の不調を改善することですが、その意味を取り違えないようにすることが肝心です。
患者は、治療を受ければ治るものだと考えて医療を受けに来るのが特徴であり、治らないということを看護師の口から直接言うのは問題になります。
また、看護の仕事の目標として、当面は患者が感じている直接的な不快感を緩和することを目的にすることが重要です。それが、たとえ心身の不調を根本的に改善できるものではなかったとしても、看護師の手から何かをすることによって不快感を軽減できるのであれば、それが医療に貢献することになります。
医療行為そのものは、看護師は自分の判断で行うことはできませんが、コミュニケーションをしたり、身辺のお世話をしたりして患者のストレスを減らしていけるのが特徴です。心身の不調からくるストレスを抱えている患者は多いため、その捌け口として働くのも、ときには重要視しなければなりません。
基本的には、不快感が緩和されていけば患者の満足度は高まっていき、医療を受けに来て良かったと考えてもらうことが可能です。そのために、看護師が職能として許されている範囲で何ができるかを考えて、実践していくことが大切になります。