キャリアアップ志向が強い医療現場

看護師になって何を目指していくかは人それぞれであり、高みを目指してキャリアアップをしたいという人もいれば、資格を生かして安定して働ければそれで良いという人もいることでしょう。
医療現場で働くことを選んだ人の全体的な傾向となっているのが、キャリアアップ志向のようです。特に、病院として教育制度が充実している規模の大きな病院を選んでいる人ほど、キャリアアップ志向が強い傾向があります。若くて習得能力が高く、身体に無理も利かせられるうちに十分にスキルアップを行い、現場経験を積むことによってキャリアアップできるようにしようという目標を持っている人が多いのが現状です。
しかし、キャリアアップの目的には大差があり、より活躍できるようになって患者を助けていきたいという看護師の鑑のような目的を掲げている人もいます。また、やりがいのある仕事につけるようになりたいと考えてキャリアアップを行い、自分のためにも患者のためにもなる道を歩むのもよく見られる傾向です。
一方、お金を稼ぎたいという目的を掲げていて、昇進や転職によってより良い給与待遇をもらえるようにするためのキャリアアップを目指す人もいます。
医療現場では、最終的な目的こそ違いがあるものの、共通してキャリアアップを目指している人が増えているのが現状であり、厳しい現場環境があっても、必死に努力してくれるのが医療業界を支えています。意識の高さから努力を重ねて能力も伸ばしている人が多く、キャリアアップ志向は医療現場で欠かせない傾向となっています。
キャリアアップをしたいと思っている人は、こちら医療のお仕事を読んで、求められているスキルを確認しておきましょう。